こんにちは!

ポム動物クリニックです(^^)

今日は私達が行っている訪問診療についてご紹介したいと思います。

わんちゃん、ねこちゃんを飼われている飼い主さまは、訪問診療と聞いてもピンとこないかもしれませんね。

よく往診と勘違いされますが、すこーし違うんです。

今回は、「訪問診療と往診のちがい」「訪問診療のメリット」についてご説明させていただきます。

訪問診療と往診のちがいは?

人間の訪問診療を利用されたことがある方は、そちらをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

往診は、わんちゃんやねこちゃんに異変が見られたタイミングで獣医師へ連絡⇒応急処置という流れです。

それに対して訪問診療は、

都度ご連絡を頂いて訪問、、ではなく

あらかじめ訪問日を決めておいて、その子に合わせて定期的な検査や予防的な診療を行っていくスタイルです。

訪問診療のメリット

訪問診療のメリットは大きく2つあると考えています。

1つ目は、わんちゃんやねこちゃんがおうちから移動しなくてもいいこと。

2つ目は、定期的に決まったタイミングで診察ができるので、病気の早期発見につながることです。

移動のストレスがないのは大きい

元気で若くて、お外や車が大好きなわんちゃんやねこちゃんなら病院に行くのもなんのその♪かもしれませんね(^^)

しかしそんな子たちばかりでないのも事実…。

特にねこちゃんはキャリーに入って車に乗り、病院の待合室で待つ時間もストレスになります。

高齢や寝たきりの大型犬を飼われている飼い主様は、人間の方もかなりのパワーを使うものですよね。

いつも生活している環境で、待ち時間もなく診察ができたら、それだけでその子や飼い主様の負担はかなり軽減されるのではないでしょうか。

正直、定期的な通院ってめんどくさい

「病気の早期発見が大事」「定期的に健診しましょう」というのはよく言われていますよね。

それはほんとに間違いないと思います。

ただ、、そうは言っても、、

毎日忙しい生活をしている中で動物病院に行くのはついつい後回しになって忘れてしまう…

正直、行くのめんどくさい…

体調崩したら行けばいいかな…

なんて考えになってしまうのもよくわかります。

ですが、ご存知の通りわんちゃんやねこちゃんは人間よりもとっても速いスピードで歳をとります。

人間の1年はわんちゃんねこちゃんの4〜5年分に相当するとも言われるほど。

症状が出てから病院に行くと、もうかなり病気が進行していた…なんてこともよくある話です。

訪問診療の日程を決めてしまうことで、「忘れちゃう」「めんどくさい」を減らして定期的な健康チェックの習慣ができたら、

元気に楽しく過ごしてくれる時間がもっと長くなるのではないかなと思います。

まとめ

訪問診療についてや往診とのちがいなど、なんとなくご理解いただけたでしょうか(^^)

まとめると、以下の通りです。

 ①訪問診療と往診のちがい

往診 → 症状が出たときに駆けつける

訪問診療 → 訪問日を決めて定期的に診療する

 ②訪問診療のメリット

◎移動のストレスや会計の待ち時間がない

◎「忘れちゃう」「めんどくさい」を減らして定期的に健康チェックができる

もちろん、普通の動物病院にあるような大きな機器を持ち歩くことはできないので、レントゲンや麻酔をかけての処置などは難しいです。

しかし

🐶精密検査をする必要のない、予防やケアがメインの健康な子

 や、

🐱慢性疾患でいつもお薬や定期検査だけで通院している

という子に関しては、

移動の負担を減らして、かつ定期的な体調チェックを行えるというのはベストな選択になりうるのではないでしょうか?

私達はわんちゃんやねこちゃんたちが、なるべく長い時間ご家族と幸せな時間を過ごしてくれるようお手伝いしていきます。

訪問診療に関して、まだイマイチよくわかんないなぁ〜という方は

・お問合せフォーム

・電話

・FacebookやInstagramのメッセージ

などから、ぜひお気軽にお問い合わせください(*^^*)

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。